漢方の話

和漢方とは?

樹木医は、木の病気を探る時、何分も木に抱き着いて、五感を駆使して病変を見つけるといいます。その姿には、感動さえ覚えます。では、医者は人間にも同じことをしているか?といえば、答えは皆さん御承知の通りです。CTなど、最先端の機器を駆使することも大事ですが、人間にこそ、樹木以上に五感を使った診療が必要と考えています。その、五感をフルに稼動し、診断、治療に結び付ける診療体系が、他でもない日本に存在します。それが、和漢方です。

漢方は、昨今、にわかに代替医療として注目され、日本の医者の4人に3人は何らかの漢方を処方した経験があり、全国約80の医学部の内70の医学部でも何らかの東洋医学講座を持つ時代となりました。漢方の優れた効果の恩恵にあずかるチャンスが増すことは、非常に喜ばしい限りです。

札幌リバーサイド漢方研究会

西洋医学と漢方の違い

西洋医学と漢方の違いは、西洋医学の治療の対象が、細菌やウィルスなどの病原体であるのに対し、漢方は患者さんそのものであることです。敵を、攻撃するのではなく、味方(患者さん)の体力を限りなく元気づけ、病気に勝利する方法をとります。西洋医学的に言えば、リンパ球療法などの免疫療法のような感じでしょうか。実際、漢方薬によって、免疫細胞が活性化されることが、研究により明らかにされており、日常臨床においても、漢方薬を飲んでいる患者さんが風邪を引きにくいということは、漢方医であれば誰でも体験することです。

咋今、西洋医学は、さらに専門科、高度化が進んでいます。一方で、高齢化は急速に進み、複数の疾患を抱える患者さんが増えています。なおかつ、老人の方の病気は、加齢によるものが多いので根治は難しく、鎮痛剤などの対症療法が主体となります。症状の数だけ、薬が必要となり、膨大な量の薬を内服し、なおかつほとんどよくなっていないばかりか、薬の副作用に悩むことにもなりかねません。そして、一番の問題点は、専門科、細分化が進むあまり、複数の医者にかかっているにも関わらず、全体像を把握する役目の医者がいない状況になり得ることです。漢方は、こういった、患者さん自身の要因が問題で生じる疾患に対し、全体像を見ながら、患者さん自体の体力を底上げし、結果的に病気との戦いを有利に進める方法をとります。大抵は、1~2剤の処方で済むため、西洋薬の減量にもつながります。

漢方は、心を救う医学・医術

洋の東西を問わず、いつの時代も、人問は、程度の差こそあれ病気に苦しめられてきました。そして、西洋の医聖、ヒポクラテス、東洋の医聖、張仲景の時代から2000年以上経つというのに、未だ克服できない病気が数多くあります。ということは、いかに病気とうまくつき合い、有利に戦いを進めることを考えた方が得策ではないでしょうか。

昭和漢方の父である故大塚敬節先生が、重い腎臓病で苦しみ、嘆き続ける老女を救った言葉です。 「ひびの入った茶わんも、大事に使えば長持ちする.......」 漢方は、心を救う医学、医術でもあります。 当院では、老年期疾患に関わらず、あらゆる年代、あらゆる疾患の漢方治療を行っております。病名に関わらず、病気でお悩みの方は、お気軽に御相談ください。

著効例
漢方治療の比較的よい適応疾患
消化器
過敏性大腸炎、神経性胃炎、二日酔い、慢性肝炎、便秘症、下痢症
呼吸器
かぜ、インフルエンザ、喘息、気管支炎、喫煙者の咳嗽
循環器
心臓神経症、不整脈の一部、狭心症
内分泌
糖尿病の口渇、多尿
腎臓
ネフローゼ症侯群
膠原病
リウマチ、シェーグレン症侯群
血液
鉄欠乏性貧血、血小板減少性紫斑病
精神科
自律神経失調症、神経症、うつ病、パニック障害(過換気症侯群)
皮膚科
アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、にきび、尋麻疹、主婦湿疹
耳鼻科
鼻炎、めまい、メニエール病、耳鳴の一部、慢性副鼻腔炎、口内炎
眼科
緑内障、翼状片
婦人科
月経困難、更年期障害、月経前緊張症、不妊症、産後の体力低下
整形
腰痛、神経痛、肩こり、変型性関節症、冷えによる疼痛
小児科
夜尿症、起立性調節障害、不登校の一部、虚弱体質、自家中毒
その他
がん(悪性新生物)の症状の緩和、西洋薬の副作用の緩和、西洋医学でうまくいかない症状、疾患
web外来予約のご案内
デイサービスとは?
居宅介護支援事業所
院長あいさつ
行事レポート
院内勉強会
ごう内科クリニック

〒 003-0021
札幌市白石区栄通21丁目1-16
TEL:011-850-5050 FAX:011-850-5000

詳細な地図を見る

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス